僕らが稼げないのは〇〇〇だから

僕らはこの世に生まれて現在まで

様々な事を学習して、この社会の中を生きています

 

国語・算数・理科・社会など

生きていく上で必要な知識は

小学校から高校、大学などの学校で学んだと思います

 

そしてリハーサルやシミュレーション無しで

学校を卒業したら日本社会に放り込まれ

実践で経験を積んでいきます

 

はて?

ふと気が付いたんだけど・・・

 

お金を稼ぐ勉強ってどこでしたっけ?

 

よく考えてみると

算数や数学、簿記などで数字を扱う事はあっても

「お金の稼ぎ方」という授業を

受けた記憶がありません

 

不思議です

お金は日本で生きていく上で必要不可欠なもの

なぜそんな大切なものの授業がないのだろう?

教わらなかったのだろう?

 

そういった事を教えてくれていれば

お金に困る人が少なくなると思うのに・・・

 

その答えは日本という国を見てみると

すぐにわかります

 

日本の教育というのは

 

サラリーマンを量産する教育をしている

 

ここが全てだと気づきました

 

国の視点で見てみると

サラリーマンほど税金の取りやすい職業はありません

どれだけ取っても、愚痴や文句が出るだけで

泣き寝入りを強制できる最高の納税者です

 

お金の授業もそうですが

国民の義務である税金についても

それに特化した授業はありません

 

国民に税金のカラクリや節税を広く知られると

取れる税金が取れなくなるからです

 

そこを考えると

僕達がお金を稼げない理由というのは

もう目の前まで見えています

 

僕らがお金を稼げない理由は・・・

 

 

 

 

日本人だからです

 

 

 

 

日本の教育はお金を稼ぐ教育は

あえてしていないのだと思います

 

理由はサラリーマンを量産する為です

 

ですが、数年前

国が副業の解禁を口にしました

 

そしてその数年後

経団連の「終身雇用は守れない」発言

 

そして先日のトヨタ社長の

「終身雇用は難しい」発言

 

この国と社会は刻一刻と変化し続けています

その流れに乗れる自分を作らないと

確実に置いて行かれる時代が

じわじわと姿を見せ始めてきています

 

学校で教えてくれないのであれば

自分で自分を時代の波に乗れるように

アップデートする必要があります

 

日本人だから稼ぐ勉強を教えて貰えなかった

 

だから

 

自分から稼ぐ勉強をしに行く!

 

と気持ちを切り替え行動する

そんな時代が来ていることを僕らは

知るべきだと考えています